2020年02月23日

0221の車庫入れ時のメモ

ミカドにて車庫入れがあったので、ちょっとダイジェスト気味に書いてみました。
Tyousen121のブログなのでそこメインにしつつ、面白い場面もあればそこもピックアップしておきます。開始前、SWDC勢が何故か6人も来るw(原因は間違いなく隊長さんの仕業であるw)
このうち3名が参加し、うち1名は初参加となる。 半分俺と隊長さんのせいらしいw

また、開始前にTwitterで知り合ったデイトナドライバーと顔合わせをする。

イベントが始まり、第一回戦の第2試合。 対戦相手はヒデキ氏。
開始前、今大会の優勝者にもなったシャムロック氏から「また人形持ってきたのかw」といじられるw

2P側に座り、スタートボタンを押す。 実況がドライバー紹介後に、俺が置いたフワのぬいぐるみに気づくw
どうやらミカドでは「『プリキュアシリーズ』を知るのは嗜み」というのがあるらしく、実況者もそれに乗って『プリキュア』だろと見抜く。
(この時俺はそのことをよく知らなかったため「何故わかったんだ!?」と突っ込んでいたw)
しかし実況者もそれ以上は知らなかったらしく、『ふたりはプリキュア』のメップルのみ知っていたようである。
そして何故か「Tyousen121のプリキュア」とドライバー名が無意味に変更されるw

スタート時、事前に知ったロケスタを決め、その後もまずまずのターン。
左側がほぼ見えないものの、右側に隙間があることを瞬時に判断し、ヒデキ氏を右からパス。
そのままイン側をえぐって見事にスポンサーを失う(=ゴール)w
ヒデキ氏も良いスタートだったため、割と接戦だったことをギャラリーや後で見た配信で知る。

一回戦第3試合では、なんとSWDCドライバー同士の対決となる。
ここでも「キング」と呼ばれる所以を発揮し、見事にカービィ氏を下す。(お互いに良い走りでもあった)

第4試合。 何故かここで「アクセルとブレーキを間違える」という謎現象を見るw
(そして何故か「#今日のプリウス」のネタが出てくるw)

続く第5試合では、なんと「衝突判定が抜ける」というまた謎の現象を見る。
ギャラリーも全員「何故あそこで抜けたんだろう」と不思議そうに見ていた。

第8試合。 奈良から遠征してきたデイトナドライバーが出てくる。
完璧すぎるターンと走りを見て驚愕する。

第二回戦第1試合。 前回参加した車庫入れ大会で見かけた「デイトナのぬいぐるみ勢」と対戦することに。
スタート時、何故かぼーっとしてしまいロケスタを大失敗w しかし冷静にターンし、敵車の居ない場所を呼んでなんとか勝ち進んでしまう。
カエルの中の人と握手を交わし、次の試合へ。

実況者は「オートマとマニュアルの差異はわからない」が、「フワのぬいぐるみはでかい」ということはわかっていた模様w
(そりゃあ誰が見てもそうであるw)

第2試合。 どういうわけかデイトナUSAのガチ勢同士で車庫入れをすることにw
隊長さんの僅かなミスをシャムロック氏が突き、見事に準決勝進出となった。

この間、別な参加者から「ミカドはサッカーゲームで反則をするまでの時間ですら大会にする」という話を聞く。
「ある種これはe-sportsである」と言い切ってしまっているが、車庫入れ等を見れば微妙に納得し始めていた。

第4試合。 なんとここで「ダイナミック出庫」と呼ばれる、壁に衝突して最終コーナーに飛び出るという謎現象が飛び出るw
一応配信の映像ではちゃんとスポンサーの壁に衝突しているため、正式なゴールとはなっている。

準決勝第1試合。 家にデイトナUSAがあるガチ勢であるパンク氏との対戦。
ちなみにパンク氏とは『プリキュア』でも繋がりがあり、そういう意味ではキュア対決だったのかもしれないw

車庫入れならまだ何かあると思い、レースではなく車庫入れを選択するが、パンク氏と意見が割れてじゃんけんにw
パンク氏とのじゃんけんに敗北してしまい、初級コース(俺リクエスト)のレース形式に。
レースは常に前パンク氏後ろに俺という展開で、スローカーブーストがあれどドリフトを知らない俺に為す術もなかった。
(とはいえ、ガチ勢の走りを肌で感じ取れたのは貴重な体験でもあった)

これ以降のレースはまさに「e-sports」とも呼べる、超白熱するレース展開となる。
決勝ではまさにどっちが勝ってもおかしくない劇的なレースでもあった。
(ちなみに決勝は「車庫入れ」→「普通のレース」という「中級mix」と呼ばれる種目でレースが行われたw)

優勝者には次種目のゲーム作品を選択できる権利があり、『スカッドレース』がチョイスされた。
どうも超初級の「ボウリング対決」が見れるのでは、とも言われている。

その後、大会の打ち上げにてボウリングの他に「戦車を利用した戦車ゲー」もあるのでは、との声もあった。
参加者とはF1の話だったり、他のゲームだったりとレースゲームで盛り上がる。
そしてパンク氏とのキュアトークができなかったw
posted by Tyousen121 at 02:57| 大分 | Comment(0) | ゲーム現状報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]