2014年09月10日

数が足りねぇ!!

「なんて日だ! WAD製作の人数が明らかに足りねぇ!!」
……Tyousen121です。 ちょっとした心の悲痛なんですが、思っていた以上に少なすぎです……。

ブログの方でもツイッターの方でも言っていましたが、
Tatsurd-Cacocaco氏が主催するJapanese Community Projectに参加しております。
http://tatsurdcacocaco.ninja-web.net/jpcp_top.html
今のところ『THE THREE WORLD』というMAPを作ってエントリーしております。

ところがこのJPCPなんですが、明らかに人数が足りていないような感じがします。
僕的には日本人Doomerは多く居て、それらが集結したら32個じゃ足りないとか……。
そんなことを考えてエントリーしてみたら意外と空きが多くて。

一応こちらもいくつかMAPを作る予定ですが、
クオリティが低いのでなるべくなら採用されたくはなかったりします。
それよりも他にもDoomerはいらっしゃるはずですので、そちらのMAPを登場させたいです。


とりあえず作りたいMAPを一応上げておきます。

1.Go 2 ItやGo 4 It、Have @ Itをモチーフにした「Let It Go」の製作
Plutoniaシリーズ(?)伝統の隠しMAP32をモチーフにしたMAPです。
ステージ名でなんだか危ないような気はしますが、この際気にしないことにします。

MAPの構造は『DOOM2』のMAP01をベースにしていますが、
Go 4 ItやHave @ Itと同様に初代DOOMのE1M1、『TNT: Evilution』のMAP01の構造も採用します。
更にこれまでのMAPにはなかったPlutoniaのMAP01の一部構造も採用する予定です。
(これ以外にも『Free Doom』のMAP01も採用したかったり)


2.「たぶんおそらくきっと」の作品を舞台にした「T.O.K.」の製作
『包丁さんのうわさ』や『奥様は惨殺少女』で有名なたぶんおそらくきっとで作られたゲームの舞台を、
DOOMのMAPで再現するというものです。 T.O.K.というのはそのまま「たおき」から来ています。

構造そのものは『包丁さんへるぷみぃ』とかで出てきたカミサマの世界や、
『惨殺少女』に登場したさゆりと大志の家+白い部屋、
これ以外にも『きゅうけつきのよみち』がそのまま登場してみたりと……。
とにかくたおきづくしなMAPみたいなものは作ってみたいです。 どこまでやれるかは不明ですが。


3.『ムーンライトラビリンス』の西の塔を再現した「ML-DOOM」の製作
そもそもBlue Sky!がこんなの許可しているのかどうか微妙ですが、
DOOM上の世界で『ムンラビ』を再現する一貫として西の塔だけを再現したMAPも作ってみたいです。
相当なアレンジがかかることは間違いありませんが。

敵についてはバロンとかが大量に出てきそうです。
まぁ、原作の敵となるミノタウロスのイメージとぴったりですからねぇ。
それこそ別なMAPでミノタウロスオンリーとかは作ってみたいです。


4.ホッピシオンリーの「Hoppishi Zone」の製作
別に『RED ZONE』とかとは関係なく、『ホッピシパラダイス』の派生マップとして作ってみたいMAPです。
MAPの構造は完全なオリジナルなので、PlutoniaのMAP11みたいに迷路にはならないと思います。

とりあえず構造は一本道なんですが、とにかく現れるモンスターがホッピシだらけ。
大規模とまではいきませんが、比較的短くてシンプルな進み方をするような感じにしたいです。



とりあえず候補としてはこの4つあたり。 まだまだ色々とありますが、
製作できそうなのがこの4つっぽいので、この中から少しずつ考えて決まったらまた連絡します。

再エントリーについてはまだ未定なので、そもそもこのMAP案もないかもしれませんが。
posted by Tyousen121 at 23:40| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 単なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック